外壁塗装に使われる塗料の種類と特徴

外壁塗装で用いられる塗料は、大まかに分けて4種類があります。
塗料の主成分になる樹脂の種類によって分けられ、耐久年数が短い順に、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系となります。


耐久年数が長いほど塗料のグレードが上がり、それだけ価格も高くなります。

もっとも安価なのはアクリル系で、耐久年数は5~7年です。

約15年前に発売された第一世代の外壁塗装用塗料となります。

モルタルのひび割れに対応できる画期的商品で、埃を寄せつけずに美しい景観を維持できますが、汚れやすく耐久性が良くないのが欠点です。少しでも安く済ませたい場合や、色だけを変えたい場合には適した塗料です。


このアクリル系の欠点を補うために開発されたのがウレタン系塗料で、耐久年数は7~10年です。



柔らかい性質があり、下地の動きにもよく追随してくれるので、細部の塗装に適しています。
価格もそれほど高くなく、耐久性、耐候性もあるため、コストと性能のバランスが良いこと塗料だと言えます。

次に作られたのがシリコンを含有したシリコン系塗料で、耐久年数は10~15年です。



高性能で耐久性に優れ、また、親水性が高く汚れがつきにくい特徴があります。現在は価格も落ち着き、コストパフォーマンスにも優れた人気の塗料となっています。

そして、最近になって現れたのが、フッ素塗料です。

フロアコーティングに関するご質問【フロアコーティングのFSSコート】を詳しく調べるなら便利なサイトです。

実用性が高く、耐久年数は15~18年と耐久性にも非常に優れています。

まだ一般住宅の外壁塗装にはオーバークオリティのところもありますが、予算に余裕がある場合には一考の価値は十分にあるでしょう。